スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

をぐり 2014 ダイジェスト版

現在、上演中の「をぐり2014」の前半ダイジェスト版です。
明日より金土日と上演しますので、是非、文平座までおこし下さいませ。

スポンサーサイト

2014/07/03 22:55 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

初日公演が終わった。

 初日公演が終わった。
 観客が居なくなった後の閑とした静けさと、芝居の余熱が残る芝居小屋が僕は好きだ。ほんの少し前、舞台に現れ、悩み、喜び、笑い、涙を流した登場人物たちは、今は何をしているのだろう。
 誰も居ない舞台に、それらの人々の残像が浮かんでは消えていく。

 人が生きると言うことは、その人生の中で、醜い瞬間もあれば、例えようもなく美しい瞬間があるのだと実感することだと思う。
 その一瞬を、舞台に切り取ることが出来たら、観客と舞台がひとつになれる。その為に役者は、舞台の上で与えられた役を生きる為に、必死に命を燃やす。
 役者が渇望するのは、造られた仮想の空間で、真実を生みだす瞬間を生きることだ。それは とても単純なことで、観客と芝居を愉しむことなんだと僕は思う。

 様々の人の支えと援けが有って、始めて芝居が出来あがった。
 舞台装置を作ってくれた人。効果音や音楽を見つけてきて、音響をやってくれた人。ポスターを印刷してくれた人。受付でチケットのモギリをやってくれた人。黙々と掃除をしてくれた人。ビデオを廻してくれた人。髷を結ってくれた人。髷の結い方を考えてくれた人。ずらを作ってくれた人。根気よく足を運び、ポスターやチラシを配ってくれた人。自分の時間を使い芝居を支えてくれた人は、舞台にはその姿を見せない。

 そんな多くの人たちへの感謝を忘れた役者は、舞台で生きることは出来ない。 

 開演前のまだ眠っている芝居小屋で、僕 はいつもそうやって自分を戒める。やがて観客が入り、幕が開き、明かりがつき、役者が舞台の空間を押し広げる。最初の台詞が響く。さあ、僕も与えられた役の命を、舞台で生きてこようか。

八女福島文平座 中村文平



2014/03/18 11:56 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

やくそくどんぐり 上演!

やくそくどんぐり、わらしこ保育園にて上演してきました!



到着

空は春さきを思わせる快晴のもと、わらしこ保育園に到着。
ちょっとまだ緊張してますね。

わらしこ保育園



舞台

こちらが本日の舞台。
後ろの木々の背景が良いですね。保育園のお手製です。

いつもの練習場とは、やっぱり違う。直前まで稽古を続けます。





直前
さてさて、本番の時間が迫ります。落ちついて、おちついて。
のどを潤し、鼻もしっかりチーンして。つぶらな瞳のわらしこたちが待ってますよ。


ついに舞台の幕は上がりました!

風の神様、ありがとう!

わらしこたちは、最初っからドキドキ!
風の神様にキャーキャー!
りょう太の登場に「ここにも、りょう太くんいるよー!」

そして ぐり太の声がすると…
「あっちー!あっちー!」と大声で舞台上のりょう太に教えてくれました。



最後は、みんなで「やくそく どんぐり〜!」

大歓声の中、舞台は無事に幕となりました。
わらしこのみんな、楽しんでくれたかな?

と、いたるところから、「ぐりぐり!」「どんぐり!どんぐり!」のわらしこたちの大声が。
さらに演じ終えた座員を取り囲んで「ぐりぐり!どんぐり!」の声。
わらしこたち、楽しんでくれたようで、よかった、よかった。



チーズ!

最後に、記念写真をぱちり!

続きを読む »

2014/02/22 14:23 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

やくそくどんぐり 上演します

明日2月の21日(金曜日)久留米市荒木町の『わらしこ保育園』にて、
「やくそく どんぐり」を上演します。


やくそくどんぐり えほん

「やくそくどんぐり」は、ぶんしょうを なかむらぶんぺい 絵を あおいねこ(山口久美子)で作り上げた作品、どこか懐かしい絵本に仕上がっています。



これを、こどもと大人も楽しめる舞台にして、明日、久留米の「わらしこ保育園」にて10時15分より上演します。


やくそくどんぐり 舞台


小学生のあかざきりょう太と、はちまんぐり太は、久留米の わらしこの、つぶらな瞳の期待に、応えることが出来るでしょうか?

明日の上演にむけて、稽古、真っ最中です。



久留米のわらしこさん、楽しみにまっててね。


やくそくどんぐり かぶり

2014/02/20 00:16 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

時代劇フェア やくそく・夏越しの月

文平座、今年初の公演は、時代劇 二本立てです。

時代劇フェア やくそく・夏越しの月

時代フェアチラシ4s

本番に向け、稽古中。
みなさん、是非おいで下さい。

3月16日(日)19時
21日(祝)14時、19時
22日(土)19時
23日(日)14時、19時
前売り¥1500
当日 ¥1800
小学生¥500

問い合わせ 絵咲木 『絵咲木の陶器と猫とカフェ日記』
0943-22-2634

2014/02/18 17:06 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。